星野陽子オフィシャルブログ

著者、不動産投資家 星野陽子の豊かな日々 ― お金と才能と愛情に満ち足りた日々を送りたいですね♡ -

ご飯は誰かと一緒に食べたい

イスラエル人と結婚して(のちに離婚したが)子ども二人を授かった。長男が生後11か月のときに初めてイスラエルに行き、義理の両親の家に4か月間滞在させてもらった時のこと。

 

夫とイスラエル国内を旅行していたときに

「確か、この近くに友人の家があったはず……」

と夫が思い出し、突然訪問した。

 

「ひさしぶり~」と嬉しそうに女性が出てきて夫とハグをした。

 初対面の私にも満面の笑みとハグをくれた。

「ちょうど夕食だったの。一緒に食べましょう」

と家に招き入れてくれた。

 

家族が4~5人いたが、どこからか椅子を持ってきてくれて、みんなが少し席を詰めてスペースを作り、私たちにお皿とフォークとナイフ、それに冷たい飲み物を出してくれた。テーブルにのっていたのは、ピタというパン。フモスというひよこ豆のペースト。テヒナという胡麻とオリーブオイルのペースト。トマトとキュウリのサラダ。オリーブ。チーズ。シンプルなものだけれども、ヘルシーだし、私はフモスが特に好きだ。

 

f:id:hoshino-yoko:20160715105407j:plain

(この写真は義母が夕食時に出してくれたもの)

 

f:id:hoshino-yoko:20160715105500j:plain

(ホテルの朝食)

 

私は突然、しかも食事時に訪問してしまったことに恐縮したが、夫は

ユダヤ人はたとえ貧しくても、誰かが来たら食べ物をだしてくれて、一緒に食べる。気にしなくても大丈夫だよ」

と言った。

 

義理の両親の家では、朝と夜は各自が好きな時間に、友人の家で食べたようなものを食べ、昼には少し手の込んだものを一緒に食べた。義理の母は最初にスープを出す。それから魚か肉のメインを一人ずつ大きな皿によそってくれた。付け合わせに、大皿やボウルに入れたサラダなどが2,3種類。そして必ずデザートも出してくれた。アップル・コンポートやアイスクリームが多かった。ランチの後は、私たちはお昼寝をした。

 

 義理の父が「ランチだよ」と夫を呼ぶのだが、夫はいつも「先に食べていて」と言った。義理の父が「お昼ご飯は一緒に食べると決まっているのに、どうしていつも遅れてくるんだ」と文句を言い、軽くもめる。でも、なんだかんだ言いながら、いつも一緒に食べた(笑)。

 

やはりご飯は誰かと一緒に食べるのがいい。

 

 

ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣

ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣

 

 

 

ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金・銀・銅の法則50

ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金・銀・銅の法則50

 

 

 

貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法

貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法