星野陽子オフィシャルブログ

著者、不動産投資家 星野陽子の豊かな日々 ― お金と才能と愛情に満ち足りた日々を送りたいですね♡ -

転入した幼稚園の遠足でひとりぼっち

ずいぶん前のことになりますが、引っ越し先で転入したばかりの幼稚園で動物園での遠足がありました。

 

クラスごとに並んでいたのですが、それぞれが仲良しグループを作り楽しそうにしている中、誰も知り合いのいない私は子どもと手をつないで二人でポツンと立っていました。

 

なぜか、すごーーーーーくみじめな気持ちになったり(自分だったら、新参の人に「ご一緒にいかがですか?」と声をかけてあげるのにと思ったり)

 

「誰あの人?」「友だちいないの?」「かわいそう」とみんなから思われているような気がして、いたたまれませんでした。

 

でもすぐに気を取り直して「今日は、誰の目も気にせず子どもと動物園を楽しもう!」と決めました。

 

そして子どもと二人で動物を見て楽しく過ごしていたところ...

 

中国人のお母さんから声をかけられました。お昼ご飯を一緒に食べてお話しをしていたら、投資の話などにも発展してとても楽しい時間となりました。彼女はお医者さんで、その後も親しくさせていただいたのですが、後にカナダへ移住しました。

 

遠足の途中でママ友達とはぐれてしまったお母さんが、その中国人ママに話しかけて「私と一緒にまわりませんか?」と提案していましたが、中国人ママは私を選んでくださり、あっさり却下されていました。

 

私はこの時は客観的に見ることができたのですが、日本人は一人ぼっちを怖がり過ぎています。自分もそうだったからよーーーくわかります。でも…

 

一人でもいいでしょ? 大丈夫でしょ? 

 

堂々としてましょうね。