星野陽子オフィシャルブログ

著者、不動産投資家 星野陽子の豊かな日々 ― お金と才能と愛情に満ち足りた日々を送りたいですね♡ -

英語はマスターするな

 

 

 

 

年配の方々と話したときに

「あなたはいいわね、英語ができて。

私たちは英語をマスターしなかったから残念」

と言われました。

 

ああ、そうか。

英語を「マスター」(習得するとか使いこなすという意味)

しないと話せないと思っている人が多いんだ、と気がつきました。

 

私は、毎日、外国の方々と話をしており

彼らから「日本人は英語が通じない人が多くて残念。

あなたとのコミュニケーションはラク」と言われていますが

私は英語を「マスター」しているわけではありません。

 

外国からの旅行者たちで英語を母国語としない人たちも多いのですが

拙い英語でもコミュニケーションをしようとします。

 

「英語ができない」という意味で手を振って「だめだめ」という

ジェスチャーを日本人にされると、拒絶されたようで悲しくなるみたいです。

 

日本人は中学・高校と6年間英語を勉強している人たちが多いので

英語でのコミュニケーションができないわけではありません。

 

まずは度胸。

文法がめちゃくちゃでも伝えてみようと思ってください。

わりと伝わるはずです。

 

とはいえ、先日は外国人たちを観光案内していた日本人が電車を降りる時に

「get off」(降りろ!)

と言っていたのには、少しドキッとしました。

また飛行機で飲み物を聞かれたときに「オレンジジュース」とだけ言う日本人が多いのも気になります。

 

とりあえず「please」を付けると良いのかな?と思います。

それから何かしてもらったらthank youと言うと良いです。

 

でもget offの意味は伝わっていたし、英語が拙いだけで

観光案内をしてくれる優しい友人だと思われているに違いありません。